幸せになる3つの買い物のドラマ キャスト 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

マンションを買った女:中山美穂主演 共演:柄本佑
「いいね!」を買った女:大久保佳代子主演 共演:トリンドル玲奈
ウェディングドレスを買った女:小池栄子主演 共演:KEIJI(EXILE
個人的には、ウェディングドレスを買った女が一番好きでした。
強がっているけど、実は頼れる人がほしい。アラサー・アラフォーを一人で生きている女性の本音じゃないでしょうか?
そして、きっと誰かは本当の寂しい人をわかってくれている。
そんな思いにこたえてくれるドラマでした。
小池栄子さん、姉御肌、似合いすぎるでしょ~。そして、そーでありながらも、かわいい。
これが、現実とドラマの違いだよねと思いましたが(笑)
結婚も決まっていないのに、ウェディングドレスを買ってしまい、それをみんなに
「いたい」
とばかにされ。
でも、ここで、素直に気持ちを吐露しちゃうとことが、かわいい。
実際、照れてごまかしちゃうんじゃないかな~。
しかも。そこにちゃんと見てくれている人がいて、フォローがさっと入る。
ないな~。
でも、こんなのにあこがれるっていう感じでしょうか。
マンションを買った女は、中山美穂がやっちゃうと、
アラフォーっていっても、きれいすぎだろ。
リアル感にかけるな~
色気ないおばさんとかいっちゃうけど、
いやいやいや。そんなわけないし~。
マンションを一緒にかった女友達が、妊娠⇒結婚。
軽い裏切りにあったようなもので、友達ともけんか別れ。
でも、友人は結婚式に来てほしいという。
最後には、意地をはりながらも、結婚式にかけつけ、「おめでとう」といい和解。
女の友情復活でめでたしめでたし。
「いいね!」を買った女は、う~ん。
みえをはっちゃった女。
フェイスブックに都会をエンジョイしてる的な自分をUPして、いいね!をもらって快感を味わっていくというものですが。
どんどん、その仮想の自分と現実のギャップに追い詰められていく。
最後には、家族も、地元の友達もちゃんとありのままの自分をわかってくれていたって感じでしょうか。
お仕事もやめてしまって、おいおい。この後、リアルにどーすんのよ!って感じで。う~ん。
ま、大久保さんは、リアルといえば、リアルでした。
バーのママ役には松重豊。
よかった~。
似合わな過ぎて、似合ってた!
いそう。こんなママ。
松重豊さん、どんな気持ちでこの役挑んだのかな~。
CMは

のCMがバンバン入っていました。
そして、ほぼ、アラサー、アラフォー狙いのCMが続々はいっていました。

Sponsored Links

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る