プロフィール

タイトルのとおり、ミーハーなアラフォー干物女子(女子といってよいものか)です。

小さなころから、漫画が大好きで、子供のころの愛読書は、リボンとなかよし。

姉がリボンを買い、私がなかよしを買っていました。

地方の為発売日が1日遅れるというネックの中、あそこのスーパーだと早く購入できるなどの情報を聞きつけて自転車を走らせていた子供時代。

ちょうど、リボンでは、ときめきトゥナイト、星の瞳のシルエット、月の夜星の朝などが、全盛期。なかよしでは、圧倒的なあさぎり夕先生作品が全盛期。こっちむいてラブからアップルドリイム、あこがれ冒険者、なないろマジックくらいでなかよしの購入はやめましたが、単子本ではアイボーイまで買っていました。次第にちゃおにうつり、あらいきよこ先生の作品をよく読んでいました。神様おねがいなど。佐柄きょうこ先生も大好きで今でも好きなのはトンビジェネレーション。大好きな作品です。クレッシェンドスケッチも大好きで、コミック化されていないアンダンテボーイという漫画の雑誌掲載時のものを大切にとっておいてあるという。こちら作者さんが公式ブログをもっているので話かけてみたところ、作者さんすらうろ覚えでした(笑)

あさぎり夕先生がBL系を描き始めたときは軽くショックを受けたものです。今やアラフォーにもなり大人の事情、働くという事がよくわかる今日この頃。

 

今の様にネットがないので、本屋に貼ってある新刊のご案内の一覧を見つめ、発売日をチェック。

マーガレットの新刊は25日、フラワーコミックの新刊は26日などなど、発売日のあたりをつけ、こちらも足しげく本屋に予約、自転車を走らせていました。名取ちずる先生や、多田かおる先生がお亡くなりになったのはとても残念です。セントバレンタインデー殺人事件の宮崎ゆき先生とかご存知の方いますよね。アタック花丸とか。なつかしいな~。

 

漫画が好きということからアニメにも興味をもち、アニメージュ、アニメディア、ニュータイプなども購入しだし、声優にも興味を持ち始めました。

これまた、声優さんの声が気になっても誰と同じ声なのかを調べることがネットで出来ない時代。アニメージュか何かについていた付録の声優図鑑なるものを片手に、エンドロールに出てきた声優さんの声を調べ、あ~あのキャラクターと一緒なのね~と納得する日々。

ほんと、良い時代になったものです。そのくらいの根性をもって勉強もすれば良かったのかもしれませんが。。。それはまた別のお話で。

 

コバルト文庫にX文庫にもはまりました。

王道の星子さんシリーズは友人から借り、藤本ひとみ先生のマリナシリーズ、香織高校シリーズ、銀バラ、シャルルシリーズはコバルト文庫を離れても読んでいましたが、マリナシリーズはもうジュニア小説自体を書かれる気がないようで。完結をみれず残念です。銀バラは別作者さんで完結したようですが。

日向章一郎先生の放課後シリーズ、星座シリーズ、(挿絵担当のみずき健先生の絵が大好きで。シークエンスとかの漫画買ったけど、話はつまらなかったな~。)田中雅美先生のアリスシリーズ、唯川恵先生、赤羽達美先生の南子探偵クラブシリーズ。

X文庫では折原みと先生の天使シリーズ、アナトゥール聖伝シリーズ、花井愛子先生の恋〇〇シリーズ。秋野ひとみ先生のつかまえてシリーズにななみシリーズ、風見潤先生の幽霊シリーズ。イラストを担当されていたかやまゆみ先生がお亡くなりになって、挿絵が変わったときは悲しかったです。時をかけた少女たちとってもおもしろかったのに。

 

漫画・アニメ・ジュニア小説・声優といまでいうオタクな臭いがするものにどっぷりつかっていた習慣がアラフォーになってもぬけきれず、

いまだに、そのころ買っていた作者さんの作品は買い続けているという!

継続している作者さん

成田美奈子先生

樹なつみ先生

水沢めぐみ先生

渡瀬悠宇先生

藤村真理先生(今日は会社休みますが実写ドラマ化でびっくり!)

斉藤倫先生(最近、路地裏しっぽ診療所買い始めました。)

田村由美先生

日渡早紀先生

そんなアラフォー女子です。

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る