人生はビギナーズ 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

人生はビギナーの感想です。

ヤフーのレビューなどでも、みなさん、いっていますが、なんだか、センスがいい、映画です。

ですが、もりあがりがあるわけでもなく、ほんとーに、スローな映画。

私、このてのスローな映画、苦手なのですが、人生はビギナーズはなんだか好きでした。

もう一回みたいかというと、微妙ですが笑。

まー、主人公が、ユアンマクレガーというのが、でかい。

なんて、似合うんでしょうか。

父親が、70を超えてからゲイだったことを打ち明けられ、同い年くらいの、かれしまでつくられて、受け入れられない年ではないから全否定はしないけど、なんともいえない感情をかかえたまま、父親がなくなり、喪失感を抱え続ける。

感情を激しく表にだすわけでもなく、犬と会話をする青年役が、むちゃくちゃ似合ってました。

そして、そんな役でも、かっこいい。

美人で、風変わりな彼女ができても、ちっとも違和感なく、かっこいい。

彼女も、むちゃくちゃかわいくて、絵的にも、この二人のツーショットは、素敵でした。

なんだか、おしゃれってわけではないのですが、センスがいいんだよね。

感じたものなので、説明はできませんが。

ロストイントランスレーションとか、好きな人は好きかも。

私はロストイントランスレーションだめでしたが。

日本映画だと、虹の女神とか、おと・な・りとか、好きな人はいいかも。

私が、スローな映画あまりとくいではないのですが、この二つの作品好きなので。

Sponsored Links

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る