抜け目のない未亡人みました~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

まず、段田さんにきがつかなかった〜。

まさか、写真の彼が段田さんだったとは。

オペラグラスを忘れたことがくやまれます。

感想は

面白かったです。

三谷作品、お初でしたが面白かったです。

言葉まわし?遊びが素晴らしい。

大竹しのぶさんのセリフが長い長い。

よくあんなに長い台詞を話せるなあと思いました。

そして番組進行役の、やっしーこと八嶋さん。

よかったです。

あんなに小さいのに存在感ありありでした。

ピエロっぽい格好もして可愛かったし、似合ってました。

私の1番の目当ては岡本健一さん。

フランス人役で、シースルーをきてました笑

やたら、きざったらしかったのですが、やっぱり、ジャニーズ。かっこいいな〜。

話はあの手この手で、かつての大女優だったという、大竹しのぶさんを自分の映画に出演してもらうために、その国の、特徴を誇張してくどくといったもの。

フランス人はきざったらしく、スペイン人は超情熱的といったかんじで。

結論、みんな、実は必死な振りしてたけど実はそれほど、必死だったのでもなく。

大竹しのぶさん演じる未亡人が、別人のふりをして、本音を聞き出したところ、ま〜、ペラペラと、本音をしゃべりだすわけです。

そんななか、段田さんに演じるドイツ人だったかな?は、本気で未亡人を撮りたがっていたことが、分かるのですが。

おちの、ネタばれです。

ドイツ人の監督に決めた未亡人でしたが、なんと、この監督!

まだ、なにも決めていなかった。

完成は3年後だったか位を予定しているとか。

ちゃんちゃん。

という話。

三谷さんはカーテンコールが、お嫌いなのでしょうか?

カーテンコールは、一度だけという案内があり、本当に一度だけでした。

好きなんだけどな〜。

あの、なんどもでてくるやつ。

残念。

でも、三谷作品、ほんと、面白かったです。

お値段も手頃ですし、時間も、そんなに長くなく。

次は、紫式部と清少納言の、紫式部ダイアリーがみたいな〜

Sponsored Links

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る