ゆれる 映画 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」

ゆれるをみました。

香川照之さんの演技が好きなのと、舟を編む以来、オダギリジョーさんが好きなので。

いや〜、相変わらず、香川照之さん、いい演技してるわ〜。

鍵泥棒のメソッドとか、カイジのときなんて本当怖い、威厳のある役なのに、どーして、キサラギとかもそうですが、うだつのあがらない感じの役までこなせるんだろ?

人って見た目じゃないんだと思い知らされます。

今回は、いけてる弟をもつ、ぱっとしない、お兄ちゃん役です。

誤って、真木よう子さんを吊り橋から落としてしまうのですか、それは、故意なのか、事故なのか、意図的な行動なのかという、裁判に、兄と弟の今まで表面にでてこなかった、確執が絡み合ってきます。

弟、オダギリジョーさんは、現場にいあわせているのですが、はたして、事件が起こった瞬間をみていたのか?

明るく楽しい気分で見る映画ではないのですが、なかなか、面白かったです。

暗そうなので気にはなりつつ見る気になれなかったのですが、やっとみることが、できて、満足です。

最後が個人的にはすっきりしない、含みを持たせた感じの終わり方なので、あまり、好きではないのですが、まあ、面白かったです。

Sponsored Links

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る