エンジェルハート セカンドシーズン 8巻 感想 シンホンの妹編完結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Links

エンジェルハートの新刊が出ました。

漫画、いろいろ買ってるけど、新刊がでるのが、楽しみな一冊です。

シティーハンターのファンの人には抵抗があって読めないって人もいますが、

私はむしろシティーハンターよりおもしろいとおもいます。

絵もすごく綺麗だし。

毎回、涙です。

今回はシンホンの妹の話の続きで、シンホンが、組織に、なった、経緯が、明かされます。

ネタバレに、なりますが、

シンホンが、妹だと思っていた子はなんと

従姉妹。

しかも、台湾には親族間で、同じ漢字を使ったりした、名前をつけるのは不吉だと言われるらしく、

自分がシンホンの妹と、同じ名前だったから、シンホンの家族は死んでしまったと。

そんな、迷信あるんですね。

もちろん、シンホンは、組織にはいっていて、そんな、迷信しらないし、従姉妹が、いたこと、そして、そんな、従姉妹に、偶然会えたことを、喜びます。

更に、シンホンを組織に導いたおじさんも登場。

シンホンの家族が事故で亡くなった時に、シンホンの叔父が引き取るといっていたら、シンホンを、組織にスカウトしなかったのですが、シンホンのおじ、つまり、今回出てきた従姉妹の、お父さんは、家計が苦しく、とてもシンホンを、やしなうところではなく、危うく、娘まで、売ろうとしていたと。

シンホンが、組織にはいることで、シンホン、この一家を救っていたことがわかり、喜ぶシンホン。

なんて、いいやつ!

組織では、危うくしにかけた上に、人殺しの仕事をさせられていたというのに。

そんな、こんなの、シンホンの妹編が、8巻で、完結します。

そして、もう一つの話は

海坊主の、隠し子の話。

自分の父親をさがして、海坊主のもとに、一人の女の子が、乗り込んできます。

海坊主は、リョウに、自分のふりをしろと、お願いし、リョウはファルコンを名乗ることに。

リョウは、仕切りにこの借り
は高いぞといっていますが、

確かに、リョウに、借りをつくっていいのか?

ファルコンといったところで、8巻終わりです。

エンジェルハートセカンドシーズン9巻は、2014年9月発売予定のようです。

楽しみ〜。


エンジェルハートセカンドシーズン8巻のAmazonの口コミは、画像をクリック。

Sponsored Links

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る